九十九眠る しずめ 明治十七年編 4巻

講談社

ストーリー

時は明治。十七歳の倉橋(くらはし)しずめは、魔を鎮める“護法実”(ごぼうざね)にして警視庁の密偵。“奉白”(ほうはく)を頭とする宗教集団“支天衆”(してんしゅう)が裏で糸を引く怪事件に、相棒の密偵・トラゲンや陰陽師・安倍清女(あべ・きよめ)らと挑む!! 今回、しずめの父・彦文(ひこふみ)の行方を追い、やってきた京都で、しずめは、永き眠りから目覚めた“奉白”に襲われる!! その圧倒的な力の前に、しずめは―――!?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード