なのに、ボクはイヤといえない 3巻

小学館

ストーリー

エスカレートしていく玲と仁菜子、双葉の奇妙な三角関係。 そんな日が永遠に続くと思われたある日、「世界一優しい」はずの仁菜子が発した、あり得ない言葉。 理解不能な事態に襲われた玲の心理的葛藤が臨界を超えたとき、玲は…。 満ち足りた変態的快楽の日々は、もう戻ってこないのか!? 誰もが予想し得なかった衝撃の最終展開!!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード