お兄ちゃんに大事なモノを捧げました。 2巻

Wコミックス

ストーリー

朝、俺の隣で美少女が眠ってた。指に吸い付くオッパイを堪能し、柔らかなアソコをいじっていると、彼女は次第に喘ぎ始めて――このリアルな感触、もう我慢できない…!目を覚ました彼女を強引に押し倒してナマで愛撫すると、すぐにアソコがびしょ濡れに。敏感なトコを攻め立てれば、可愛い声で激しく喘いじゃう。トロトロになったカラダを堪能していると、彼女が俺のことを「お兄ちゃん」と呼んできて…。俺に妹なんて居ないのに。「私の大事なモノ捧げたことも…覚えてないの?」大事なモノって、まさか処女――!?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード