【忍従の果てに…編】 ふたりきりの孤独 1巻

はちみつ書房

ストーリー

寄り添い発見された姉妹に何が起こったのか―― 2012年1月、北海道札幌市で発見された姉妹の遺体。病死した姉、富士枝(42)の死から1ヶ月後、妹の和枝(40)は、餓えと寒さによって亡くなっていた。 妹の和枝は、幼い頃から軽度の知的障害があり日常生活に支障はないものの、幼児程度の知力しかなかった。 そして富士枝が高校生になった時、両親が亡くなり家族は姉妹だけとなった。 親戚に身を寄せることとなるが、妹は施設に預けられる。 高校卒業後、就職し妹を引き取り姉妹で暮らすことに。 障害をもつ妹の世話をしながら

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード