【忍従の果てに編】認知症介護の果てに 1巻

はちみつ書房

ストーリー

私はあなたの娘よ、お父さん……。でも、もう……力が尽きちゃったの……。 私が36歳のときに母親が亡くなり、ひとりになった父親と家族で同居することになった。もともと頑固で癇癪もちの父親だったけれど、認知症になってからは悪鬼と化した! 四六時中食べ物を求め、ところかまわず排泄し、暴れ回り、家族を殴りつけ、娘の私のことを家政婦としか思っていない。でもお父さんを施設に入れるなんて可哀想よ……。 やがてうつ病を発症し、死ぬことばかり考えるようになった私。でもお父さんを残していけば夫たちに迷惑がかかる。だから一

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード