私のオオカミくん 4巻

講談社

ストーリー

やっと大神(おおがみ)と想いが通じ合ったこむぎ。しかし、教師・八咫(やた)によって大神たちとの記憶を消されてしまう。大神はこむぎの将来を思い、気持ちを隠して彼女を見守ることを決める。記憶を失い、いつもの日常を過ごすこむぎだったが、時折、記憶の奥底で自分の名前を呼ぶ“誰か”がいる気がして……? ケモ耳男子との運命の恋、ついに完結!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード