風の大地 67巻

小学館

ストーリー

予選会を突破し、全英オープンへの出場を果たした沖田圭介。 熾烈な戦いを繰り広げてきたかつてのライバルも 全世界のマスコミも沖田の1番ホールに注目していたが…… 沖田はドライバーを握り、ティグランドに立った。 狙いはワンオン…………1打目でグリーンを狙うのみ。 戦略一つない無能無謀のゴルフか。 人跡未踏のゴルフが己の途か。 7年間一度もクラブを握らなかった男の判断力は、異次元の領域に達していた……… “一日の中に四季がある”空模様。 北海から吹きつける強風。あるがままの大地。 ゴルフの聖

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード