恥感調理部の裏指導~迫る兄弟の触手 13巻

秋水社/MAHK

ストーリー

『ローズティー』体に沁みこむ、抑えきれない官能の香り。最後に志有が小春に持ち掛けた賭けは“杏梨の色仕掛けに伊織が落ちるか”。志有に連れていかれた杏梨の家で、ふすまの向こう側から声を出さずに、2人の様子を見るよう指示された小春。すると、伊織に告白した杏梨が下着姿になって、媚薬を使った誘惑をし始めて…。疼く下半身を持て余した姿と、止まらない嬌声。耐えられなくなった小春は飛び出すが、逆に理性を飛ばした伊織に押し倒される。抗おうとする小春の制服を破き、露わになった胸にしゃぶりついた伊織に、志有と杏梨の前ではじめて

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード