不埒な君のくちびる 1巻

ビーグリー

ストーリー

15歳の夏、中学最後の夏休み、夏生ははじめてキスをした。名前も、声すらも知らない男の子。図書館で指先が触れて、視線を交わした瞬間、爪先まで電流が走った。残ったのは、指先のしびれと唇の感触…。あの日から、夏生の手足はシビレたままだ。その感覚が消えないから、夏生は名前も声も知らない彼を、2年間探し続けている。おかげで夏生には、「男漁りの淫乱女」だなんて不名誉な評判が立ってしまって…?

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード