響~小説家になる方法~ 4巻

小学館

ストーリー

ついに小説家デビューした、リカと響。 リカの単行本は、デビュー作にして空前の大ヒットを記録する。 一方、響の小説への反響はまだ小さい。 芥川賞を狙う、と響に打ち明けるリカ。 しかし響は、そのリカの小説を「つまらない」と感じてしまう。 リカを親友だと思えばこそ、自分の感想はそのまま伝えたい。 そんな中、芥川賞の候補作が発表される。 それは誰もが予想できないものとなる。 文学がつないだ二人の友情に、 文学が亀裂を入れてゆく。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード