えっちな美肌 ~えろブラシがこんなに気持ちぃなんて~ 1巻

黒ひめコミック

ストーリー

「あ、キュッて締まった。これが好きなの? じゃあもっとシてあげる…」――小さなタレント事務所のOLとして働く友里(ゆり)。ある日新しく専属メイクとして入社してきたのは、幼なじみの桜井健(たける)だった。10年の間に、男っぽく、頼もしく成長していた健。「でも俺は会ってすぐ、友里だって分かったよ。昔から友里は綺麗だったから」って、私が綺麗だなんて冗談だよね…!?――「あの頃は言えなかったけど、ずっと友里が好きだったんだ。大人になった友里を、俺に見せて」待って健、こんなの恥ずかしいよ…!「ダメ。やっと再会できた

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード