下天の華 3巻

講談社

ストーリー

伊賀の里のくのいち・ほたるは、信長の腹心・明智光秀に雇われ、光秀の妹姫に扮して、信長の命をつけ狙う曲者の正体をさぐることに。信長と交流を重ねるうちに徐々に信長に惹かれていくほたる。首謀者が信長の弟・信行(のぶゆき)だったことを突き止め、急ぎ光秀に報告すると、「信長を殺せ」というとんでもない命令を下された上に、光秀と信行が結託してしまう。混乱の中、信長への恋心を自覚してしまったほたるは――!?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード