セキガハラ 6巻

リイド社

ストーリー

「人類を虫のように支配する」という黒田如水の陰謀を砕くため、石田三成の許に集結した日本全国の武将たち。当初は細川ガラシャが死に際に遺した「予言」を受け、関ヶ原での戦いを避けようとした三成らであったが、如水の策略によって強制的に「運命の地」へと集められてしまう。  そして…ついに「関ヶ原の合戦」が始まった! 「黒之巣タワー」の力によって、次々と出門頭(デモンズ)に変えられ、如水の手駒とされてゆく武将たち。やはり出門頭となった真田信繁は、「真田丸」の力で結界を張り、関ヶ原一帯は脱出不可能な死のリングと化した。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード