意地悪だけど大好き 2巻

秋水社ORIGINAL

ストーリー

“惚れ薬”を飲んだ幼なじみは急変し、私を机へと押し倒し、キスをしてきた。唇と唇が触れあう柔らかさに、私は顔が熱くなっちゃって…!? 大好きな幼なじみの秀一は、私にだけすっごく意地悪。私の着替えを覗いて、下着姿の胸をもにゅもにゅと揉み「発育が悪いんじゃないのか!?」って言うし…。ほかの子にはやさしいのに、なんで私にだけは意地悪なの? 彼に好かれたいけど、彼は私のことを兄妹ぐらいにしか思ってないみたい。だから、友達からすすめられた“惚れ薬”を彼に飲ませることにしたんだけど…。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード