海賊とよばれた男 8巻

講談社

ストーリー

欧米石油メジャーの妨害により、窮地に立たされた国岡商店。状況を打破すべく、店主・国岡鐡造(くにおか・てつぞう)はイランの石油購入を決断する。イランの石油所有権を主張するイギリスを敵に回す事も承知の上で、交渉のためイランへと飛んだ正明(まさあき)と武知(たけち)。しかしそこで待っていたのは契約草稿を覆す無理難題と、イラン側が抱く疑念だった。一筋縄ではいかない難攻不落な交渉相手に、彼らが携えた唯一の武器「信義」は通用するのか――!?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード