カノジョは嘘を愛しすぎてる 20巻

小学館

ストーリー

「俺はリコの歌にあわせて演奏したくて ドラム叩いてる」 「オレも」 「だからさ お前も 俺達の演奏にあわせて歌いたいって 思ってくれるんじゃなきゃ バンドなんてやる意味ないと思う。 だから、これから何があっても、俺達には正直にいてくれ。 手加減なんてしないでくれ。 友達なんだから。 気を遣われ始めたら、もうそばにいられない」 「ソーちゃん、ユーちゃん ハンパな演奏したら 叩き出すからね」 「俺より上手いドラムなんて いくらでもいる。 でも 理子の後ろで 一番気持ちよく弾いてやれるのは 絶対に俺達なんだ!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード