天智と天武 ―新説・日本書紀― 11巻

小学館

ストーリー

古代最大の内乱“壬申の乱”は、 大海人皇子(天武天皇)の勝利に終わった。 しかし藤原鎌足の末裔が、天武帝崩御後、 力を伸ばす。 藤原四兄弟は妹・光明子を皇后の座に着け、 天下を牛耳ったも同然だったが、突然、 四人とも病死する。 これは蘇我入鹿の祟りだ!! 恐れおののく光明皇后にこう宣言したのが 怪僧・行信だった。 行信は入鹿の祟りを封じ込めるべく、様々な 手を打っていく。“聖徳太子”という名を贈り、 生前の名誉を回復させるが、祟りは治まらない。 とうとう命を懸けて、行信は最後の手段を!? 運命の兄弟喧嘩、

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード