リュウの道 8巻

講談社

ストーリー

ニッポンという軍国島をバリアで囲み、自滅を待つ恐ろしい敵国に乗り込んだリュウとコンドル。彼等の前に現われたのは、巨大な無毛の頭部を持つ「新人間」だった。「人間」から「新人間」への進化の過程にあるのがリュウではないかと考える敵によって囚われてしまう。解剖の危機が迫るが、細菌によって敵は全滅。そしてリュウは、未来を支配するものとは何かを考える……。帰路に着いたリュウたちだったが、何者かに呼ばれ……!?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード