三角木馬 花嫁いじめ花弁なぶり(改訂版) 8巻

秋水社ORIGINAL

ストーリー

私は夫と、夫の元婚約者、凛子様との性の奴隷と成り果てた。「そら、お舐め。愛しい旦那様のペ○スだよ。奉仕出来て嬉しいだろうが」馬乗りになった女が、定規で私のお尻を叩く。「ううう」「しゃぶれ、絵梨。おまえなどもう妻とは思えん。ただのメス犬だ」夫は女の言葉にあおられる様に喉の奥まで突き入れる。「あぐう…」あまりに苦しくて涙とうめき声が漏れる。「ようし勃ったぞ。おいで凛子。ハメてやろう」夫が私の愛撫で大きくなったソレを女のアソコに挿入する。「ああん、蒼風。うんと突いてェ」夫からどんなに身体をいたぶられても我慢出来

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード