ありをりはべり 8巻

講談社

ストーリー

棗(なつめ)と須佐(すさ)、ふたりが選ぶ道は――? 八百万(やおよろず)の神様が「見える」女子高生・棗の物語、完結! 高校最後の冬、美術館でのアルバイトに胸が高鳴る棗。そんな彼女になぜかつれない須佐。その理由とは? そして須佐への本当の気持ちに気づいた棗は……。彼らはいったいどんな春を迎えるのか――。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード