最果てにサーカス 3巻

小学館

ストーリー

文学においてはけっして敵わないと思う 同志であり、親友である中原中也に対して 抑えきれない嫉妬の炎を感じてしまう小林秀雄。 その一方、中也の恋人・長谷川泰子への 恋情をおさえきれずに「俺と一緒に暮らしてくれませんか」 という禁断の言葉を口にする秀雄。 彼の言葉を受け入れた泰子は中也のもとを離れて、 秀雄とともに同棲することとなるが、 それこそが奇妙でいびつな三角関係の始まりだった… 事実を基にフィクションを交えて描き出す 『彼女とカメラと彼女の季節』月子氏の紡ぐ文学者達の 青く瑞々しく痛切な青春、第

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード