水銀の雨 1巻

ロマンチカ出版

ストーリー

「何があっても、ずっと傍にいるよ」私の名前は小野塚怜。彼女の名前は蓮城陽菜。彼女は目が見えない。彼女が光を失った原因、それは…全て私にあるんだ…――。親友の陽菜と出会ったのは中学三年生の時。ほんの些細な事をきっかけに、私と彼女は一番の仲良しの友達になった。陽菜と話すのは他の誰といる時も楽しかった。そして、ずっとこんな日が続くと思っていた。そう…少しずつ歪みが生じている事にも気づかずに…――。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード