インドでキャバクラ始めました(笑) 2巻

講談社

ストーリー

酒とトーク術だけを手に、21歳で単身インドに渡りキャバクラを開いた日本人キャバ嬢・沼津マリーの悪戦苦闘を描くほぼ実録エッセイ。何もない状態から手探りで始めたインド初のキャバクラ・クラブマリーは、やがて評判を呼び、日本人駐在人たちのオアシスとなる!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード