開発された陵辱願望 1巻

カゲキヤ出版

ストーリー

「もっと咥え込めよ、ビッチがぁ!」――牧瀬鈴…。買い物をしていた俺は、一番会いたくない奴に出くわした。奴は俺の趣味…凌辱ゲームをからかって、俺の高校生活を台無しにした女。それなのに今さら「私も凌辱ゲームが好きで話したかった」だと? 俺は奴を家に連れ込み、復讐することを決意。いきなり押し倒し、嫌がる奴にいきり立ったモノを咥えさせて…。ゲームのヒロインみたいに、これからじっくり調教してやるぞ!

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード