みらいにナニがあっても 1巻

カゲキヤ出版

ストーリー

「僕、女の子じゃない…よ?」喫茶店のマスターと常連客の男の娘。雨宿りにコーヒーを飲んでいただけのはずが、ひょんなことから二人で同じ布団で寝ることになり――。「ちょっ…そんなところに挿れるなんて聞いてないよぉ…」ただ男二人、同じ布団で寝ていただけだったのに…。お尻に入れられるのなんて初めてなのに、お腹の底が熱くてむずむずする…男同士って、もしかして女の子とするよりも気持いいのかも――。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード