推薦枠に入れてヤる!~絶倫教師が穴の奥まで進路指導~ 2巻

カゲキヤ出版

ストーリー

「あんっ…先生もっとほしいれすぅ…奥の方まで突いてくらさぁいぃっ!!」進路指導室のドアの隙間から覗いた光景に、僕は愕然とした。勉強熱心で大人しいあの五十嵐さんが…、あんな卑猥な言葉を叫ぶなんて! 先生が五十嵐さんのアソコへパンパンと腰を打ちつけるたびに、彼女はとろけそうな顔で嬉しそうに喘ぐ…。僕の頭は混乱していたが、同時に股間が熱くなるのを感じていた。一体、どうして彼女はこんなことに?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード