シンクロニシティ【単話売】 2巻

ジュリアンパブリッシング

ストーリー

妻と別れた矢先にあった同級会には行く気になれず、居酒屋で食事をしていた青柳の耳に入った、懐かしいハスキーボイス。その声の主である古橋朱羽とは高校時代クラスメイトだった。ただ、それだけ。でも強く印象に残っている、色白の首すじにあるほくろも不機嫌そうな眉間のしわも。その日を境に繋がった古橋との縁に浮かれる青柳だったが、ちょっとした言い争いから何故か古橋をメロメロにするデートプランを考えることになって…?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード