茶目子 1巻

ぶんか社

ストーリー

大正14年、浅草の朝は早い。子供達の朝はいつもラヂオ体操で始まる。大震災は東京を焼野原に変えてしまった。しかしいつの世も子供達は元気で明るい……この物語の主人公・茶目子は13才です。焼けた跡の太陽……人々は彼女をこう呼ぶのです。大正時代の大ヒット曲『茶目子の一日』の歌詞を元に漫画界の巨匠・藤原カムイが描いた名作がついに電子書籍化!!

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード