黄昏流星群 53巻

小学館

ストーリー

カフェでバイトをする28歳のさくらは、常連客で元・映画監督の お爺さん・手島と親しくなり、互いの過去を語り合う間柄に。 元彼からの執拗なストーカーに悩まされるさくらは、 それから逃れるため、手島の家に転がり込む。 一泊だけのつもりが、手島の機転で「恋人のふり」をしたことから、 奇妙な同居生活がスタート。 探していた安らぎを見つけた女と、忘れていたときめきを 思い出した男――知り合い以上恋人未満(!?)の ひとつ屋根の下生活の行方は…!? わけあり年の差恋愛を描いた表題作「星の流れのように」 のほか

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード