刺青ニ恋シテ 1巻

松文館

ストーリー

舞台は明治、開化の燈りもまだ射しきらず、幕末の帷(とばり)も残る頃。月針亭――さすらいの彫師・葵の元を日夜訪れる人々。背中に刻んだ万感たる想いは、男達の愛憎模様――。葵シリーズに描き下ろし「青色廃園」ほか、2作品を収録した橘エイカ初のBL作品集、ついに登場!

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード