愛と復讐の挽歌 2巻

グループ・ゼロ

ストーリー

佐伯修造として日本に帰ってきた恭平は、滝沢にフィリピンクラブを任され、現総理・仲尾達弘のライバル・民自党代議士の武上を紹介された。武上をバック・アップし、総理にすることで仲尾を追い落とすことが出来るのだ。クラブでは、滝沢の白陵会に敵対する侠真会にチンピラの嫌がらせを受けていた。侠真会の上の邪道連合が仲尾の裏を支えている。恭平は侠真会組長の女・潤をたらしこんだ恭平は、彼女の密告によって警察を動かし、侠真会を潰した。またカティとマリアをフィリピンから呼び寄せる。邪道連合は潰された侠真会の代わりに、東々会の若頭

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード