セカンド・マザー 3巻

ぶんか社

ストーリー

西田仁美は10年前に幼い一人息子・光太を事故で失った。その傷は今も癒えることはない。ある日、市役所の掲示板で児童養護施設の子供たちと触れ合うボランティアの募集を目にする。夫・圭吾に相談し、夫婦で参加することにした。やがて、二人は里親となってもう一度子育てをしたいと考えるようになる。夫婦の里子として候補に挙がったのは、ボランティアで出会った、心を閉ざしたままの光太に似た男の子・ひかるだった。家族とは? 親子とは? 多様化する現代の家族形態の在り方を描く感動ストーリー!!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード