荷風になりたい~不良老人指南~ 2巻

小学館

ストーリー

第二幕「荷風のあがき」開幕!!! 青年期の葛藤(かっとう)を乗り越えた荷風の壮年期!! 41歳の荷風は麻布市兵衛町(現・六本木一丁目)に 洋館「偏奇館」を新築し、“終(つい)の棲家(すみか)”とする。 表向きは、作家業に専念する家であったはずである。 だが、“人間の本能”とどこまでも向き合った荷風のことだ。 そう簡単に行くはずがない。 壮年期を迎えた“荷風のあがき”が、いま始まる――― 事実と永井荷風作品を基にした 評伝的フィクション第2集!!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード