愛と復讐の挽歌 5巻

グループ・ゼロ

ストーリー

内部抗争が激化する邪道会。そこへ覚醒剤の嫌疑で邪道会の各組に警察の一斉手入れが行われた。反会長派の江波戸派に全ての罪を被せようと提言し、それが容れられ新宿に飲みに出た山口は、マリアを発見し、店を張らせる。山口の警察への報告で、江波戸が捕らえられようとした矢先、邪道会会長の岩淵とNo.2の小堀が暗殺された。恭平たちのために資金に窮し、邪道連合を裏の解決に使えなくなった武王は、最早これまでと仲尾への選挙資金提供を拒んだ。会長たちを殺したヒットマンを追う山口に、仲尾が全ては佐伯の仕業だと告げる。山口は手下を新宿

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード