保護者失格。一線を越えた夜 12巻

アムコミ

ストーリー

叔父・幸久の会社の同僚とアルバイト先で出会ったちづる。会社での幸久の評判を聞いて嬉しくなるが、そこにいた律子が「幸久」とつぶやいたことに引っかかりを覚え…。ほんのちょっとの不安。でも、なんとなく幸久には聞けない。不安はその夜にキスをして抱き合って、キスマークを付けてもらうことで解消しようとするが…。一方、律子はちづると幸久の様子から何かを感じ取ったようで…!?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード