ニュクスの角灯 3巻

リイド社

ストーリー

「君を10年以上ずっと恨んでいた。 つまり……愛していたんだ…」 きらびやかなパリの街で再会した日本の青年と碧眼の美女。 再び動き始めた愛の時計は、やがて頽廃と破滅の時を刻み始め― 1878年・長崎―パリ万博で最先端の品々を仕入れてきた小浦百年は、今度は日本の優れた工芸品を海外で販売するため渡仏を決意する。 出発間際、美世から恋心を打ち明けられた百年だったが、彼の懐中時計には碧眼の美女の写真がしまってあり……。 既刊大重版&各界から絶賛の嵐!! 明治ハイカラ・アンティーク浪漫、大注目の最新刊!!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード