セカンド・マザー(分冊版) 14巻

ぶんか社

ストーリー

「もう一度、わが子のぬくもりを感じたい!!」事故によって幼い長男を亡くした西田仁美。10年の歳月を経てもその傷は癒えることがない。そんな時、市役所で養護施設の子供たちと触れ合うボランティア募集の告知を目にする。夫と参加した仁美は、子供たちが里子として新しい家族に迎えられる道があることを知り、自分たちも里親になって、再び子育てをする決断をする。 ※この作品は『ストーリーな女たち Vol.15』に掲載されています。重複購入にご注意ください。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード