家庭内レンアイ 義理の息子と越えた一線(分冊版) 3巻

ぶんか社

ストーリー

「俺が母さんのココから、出てきたのならよかったのに…。ねぇ母さん?」家族を失った者同士で慰め合うように結婚した紗月と之彦。それに大学生の息子・君哉を加えた三人は誰もが羨む仲良し一家だった。――之彦が急逝するまでは。葬儀の場で君哉が見せたのは、息子の仮面を脱いだ男の顔で……。愛と欲、性と倒錯が入り乱れる、誰にも言えない家庭内レンアイが今、始まる――…。「母さん、俺のために、もっと苦しんで、もっと悩んで。そしてもっと……」 ※この作品は「禁断Lovers Vol.070」に収録されております。重複購入にご注意

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード