哭きの竜 外伝 5巻

小学館

ストーリー

“哭きの竜”と呼ばれた伝説の麻雀打ち。 その“強運”を極道たちが追い求め、10年前に殺された男。 そんな竜が修羅の世界へ戻ってきた・・・・・・ 全国制覇を目指し、動き出した 西の最大組織、関西共武会二代目会長・堤薫。 東京で迎え討つは、三代目桜道会会長・音無光一。 新宿で共武会の組員が桜道会によって射殺され、闘いの火蓋が切られる。 この発砲事件の流れ弾によって一般市民が死亡。その娘・沙貴は 復讐を誓い、堤に接近。堤を桜道会のヒットマンに撃たせる。 だが、奇跡的に堤は命を取り留める。 勢いにのった音無は、

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード