蒼き炎 6巻

電書バト

ストーリー

第6巻 龍太郎と運命の再開を果たした竹蔵。 二人はピカソ、ユトリロ、モディリアーニ、パスキンとともにナタリーの肖像画の勝負に挑んでいた。 次々と自作の制作に打ち込む画家たち。 龍太郎は自分の絵に満足できず試行錯誤を繰り返していた。 そして、龍太郎の発表作は、今までの龍太郎の画風とは全く違うものだった。 一方、竹蔵はどうしたらナタリーと寝ることが出来るか、それだけに情熱を燃やしていたのだった。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード