北の土竜 18巻

電書バト

ストーリー

第18巻・一本の線 巨匠としての名声を確立させた堂本。 それを敵視する謎の画商・宮田。 その宮田に刺客として育てられた北村遥。 さらに似顔絵描きの漁の出現によって物語は意外なほうへ進んでいく。 堂本を越えさせてやる、と宮田の一言によって家族も全て捨てる決意をした漁。 一方、宮田と決別を決意した遥は、堂本のところへ身を寄せていた。 その頃、漁は堂本を越えるために宮田の元で過酷な修行の日々を送っていたのだった。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード