佐賀のがばいばあちゃん-がばい- 3巻

電書バト

ストーリー

第3巻 剣道も柔道も金がかかると、ばあちゃんにダメ出しされた昭広にとって、唯一許されたスポーツは走ることだけだった。 最初は嫌がっていた昭広であったが、それなりに楽しくなりやがて脚は見事に鍛えられ、「韋駄天の徳永」とまで言われるようになっていった。 そんな昭広に運動会と言う晴れ舞台がやってくる。 しかし、自信満々の昭広の前に勉強も運動も音楽も図工も全て一番という西尾君が現れる。 勝手にライバル視する昭広であったが…。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード