恋と微熱と365日 1巻

笠倉出版社

ストーリー

「なんだよエロい目して。撮られて興奮した?」人気モデルの久々宮がことあるごとに訪れるのは、年上のカメラマン古暮のところだ。新人の頃、撮ってもらった記憶が忘れられなくてなんども頼み込むのに、古暮の返事は「もう人は撮らない」とつれない。二度目の撮影で重ねた体もなかったことのようにされ、行き場のない久々宮の思いは…。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード