制服聖少女調教 1巻

大都社/秋水社

ストーリー

「その人のことを考えると足の間が熱くなる気がして…」幸せな学園生活を送る私には不安があった。それは古文教師の藍澤先生。貞淑な女子高の懺悔室で私は告白をした。告白をきいていたのはなんと藍澤先生。懺悔室での告白は秘密のはずなのに、楽にしてあげると彼は股間を触りだした。割れ目を擦ると気持いいとか、舐められるととてつもない快感がくるだとか、これが男女の姦淫行為だと先生は教えてくれた。もっと教えてほしいならまた訪ねてくるようにという先生。はずかしいと思うし、いってはいけないと思いながら私はまた彼を訪ねた。先生は私を

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード