玩具のように、僕は 1巻

幻冬舎コミックス

ストーリー

文芸部の後輩・滝沢の書いた小説を読んでみぞおち辺りがざわついて落ち着かなくなってしまった上田は滝沢と距離を置くように。あれから十二年――編集者となった上田が訪ねたのは、売れっ子官能小説家の自宅。そして、そんな彼を迎えたのは、あの時の後輩・滝沢だった――。小説の執筆の為ならと、滝沢の命令を何でも聞くことを約束した上田。しかし、その命令とは上田を辱める内容で……!? 表題作ほか、さまざまな愛の形を描いた作品集。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード