淫靡なる午後の読書会 1巻

宙出版

ストーリー

図書館で私は官能小説を読みながら、窓際の席に座るあなたを相手役に想像して、こっそりと自慰に耽る。 でもある日、はしたない私をあなたに知られてしまった。 それからは痴女と罵られ、図書館で官能小説と同じことをするようになって―――

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード