太郎くんは歪んでる 1巻

小学館

ストーリー

あたしの胸が大きくなったのは、彼のせい。 胸がまた大きくなった。 大好きな幼なじみ・太郎くんは、あたしの胸が大きくなったと嗤(わら)って、そしてイジワルに言う。 『やっぱ胸は、ほどほどの大きさがいいよな』 オシャレした私を見て、バカにしたように言う。 『おまえ、俺にどうされたいの?』 …好きになってもらいたいの。 その気持ちを、あなたは今日も、嗤う…。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード