ペン先にシロップ 5巻

小学館

ストーリー

あたし…いつのまに先生のこと、好きになってたんだろ? 「最初からじゃない? っていうか、俺のこと好きにならない方がおかしくない?」 「だって冷静に考えて、俺がキミに片想いするハメになったことが変だよね?」 「若くてイケメン、頭脳明晰。才能にも恵まれ既に社会的地位も名誉も手にしてる俺を、ブスでメガネで頭も悪い、なんの取り柄もないキミが拒み続けていたことが変だったわけで」 …先生ってホントにあたしが好きなんですか? 「…疑うの?」 だって… 「キミのそのめんどくさい性格が好きだ」 「いつも貧乏クジ

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード