ケン月影劇場 1巻

小学館

ストーリー

はるか昔、昭和の時代に創刊された日本初の官能劇画誌エロトピア。 野坂昭如氏が“エロスのユートピアたれ”との意で名付けたという、 この伝説の雑誌で活躍していたのがケン月影である。 御年72歳の官能劇画作家は、独特の風情の、 大人の色気あふれる美女を描く。 近年流行の萌え系、ロリ系と一線を画す、これぞ正統かつ古典的な エロ劇画である。 ビッグコミックの歴史上、初のエロ劇画である本作はユーモアと品格を 兼ね備え、様々な男女の物語を展開する。 男子最高の死に方は腹上死だと信じる大金持ち。 曜日ごとに異なる愛人を

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード