Dの魔王 3巻

小学館

ストーリー

「Dの魔王」堂々完結巻となる本作。 昭和13年、戦局はますます不安定な様相。 陸軍内でも特殊諜報機関の有用性が声高に論じられる。 必然的に陸軍諜報員養成所[D機関]の精鋭スパイ達は、 陸軍の“闇”を担う存在としてさらなる責務を果たすこととなる。 然して、その“闇”は、常人には、複雑で、歪で、狂気だった。 悲しきD機関のスパイの生き様を描く第3集。 「XX」での小説とは違う感涙必至のラストは必見です!!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード